読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知の迷宮

雑記

一応昨日の続き。


巨大な専門書を読み進めるのは、ダンジョン探索のRPGに似ています。

最初はLv1からスタートして右も左もわからず、強い敵(難しい問題)だらけなのですが、それでも頑張って探索していくと勝てる敵がいます。

敵を倒す(問題を解く、内容を理解する)と、レベルが上がり「知識」という名の強力な武器が手に入ります。

この新しい武器を使うと、また解ける問題が増えていくわけです。

一人で倒せない敵がいればパーティを組んでダンジョン探索をすればいいのです。つまり勉強会を開くということですね。

こうやって毎日ちょっとづつ探索範囲を広げていけば、いつの間にか巨大な知の迷宮の中をスイスイ散歩できるようになっています。

そうして最後の1ページまで読みきることができれば、おめでとう、ゲームクリアです!

もちろん途中で別のダンジョン(専門書)に手を出したっていいです。

なんたって自分の自由な時間を使っているのですから。


ま、こんな想像をするのも私が単にゲーム好きだからというのもありますが、何にせよ一冊の本をじっくり読み進めるというのはなかなかに楽しいものです。