読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fedora12からustream.tvでデスクトップ配信する

Linux

ゴール

Linux上からustreamでスクリーンキャストしたい

ハード/ソフト構成

PC ThinkPad X61
モニタ MITSUBISHI RDT1713VM
OS Fedora12(x86)

手順

vloopbackのインストール

http://www.lavrsen.dk/foswiki/bin/view/Motion/VideoFourLinuxLoopbackDevice
Fedora12(2.6.32)だったらsubversionからとってくる。

svn co http://www.lavrsen.dk/svn/vloopback/trunk/ vloopback
make
sudo make install

make install しないでも、sudo insmod vloopback.ko でテストできる。

insmod: error inserting 'vloopback.ko': -1 Unknown symbol in module

と表示されたら、

modprobe videodev

としてからinsmodすればok。
詳細は modinfo vloopback.ko や下記リンクを参照のこと。
http://www.lavrsen.dk/foswiki/bin/view/Motion/VideoFourLinuxLoopbackDeviceSupport

webcamstudioのインストール

http://sourceforge.net/projects/webcamstudio/
debファイルしかなく、rpmファイルがない。vloopbackのインストールファイルは試していないものの、Fedoraでは危険と判断し使っていない。

java -jar WebcamStudio.jar

で動く。
私の場合は展開した webcamstudio ディレクトリを ~/libexec/ ディレクトリ以下に置いて、以下のスクリプトを ~/bin/ 以下に置いている。

#!/bin/sh
JAVA=/usr/bin/java
JARFILE=~/libexec/webcamstudio/WebcamStudio.jar
${JAVA} -jar ${JARFILE}
システム起動からustreamへの接続

最初に必ず「オンエア対象のディスプレイ以外」のディスプレイをオフにしておくこと。
その状態で modprobe する。

sudo modprobe vloopback

それから先ほどの WebcamStudio.jar を起動する。
[Sources][Desktop]を選択すると、オンエア対象のディスプレイが仮想ビデオデバイスに接続される。
[Display][Capture Size]はお好みで。
[Display][Follow Mouse]を選び、画面のマウス追跡をオフに。マウスで選択し画面を固定する。


後はustをつけるだけでスクリーンキャスト(デスクトップ配信)が可能。

これでライブコーディング等をするのに随分楽になると思う。