読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想することなかれ

雑記

昨日法事がありまして、とある禅寺に行ってきました。

その寺の門前に書かれていたのが、以下の言葉。


莫妄想


馬鹿は気楽じゃ理屈の種が胸にないので気が広い

最初、この莫妄想の意味が「馬鹿は〜」だと思ったのですが、どうやら別々の出典からのようで、イコールで結ばれているわけではないようです。

とはいえ、この2つの言葉を並べたのはこのお寺の住職さんなので、そうしたことには何らかの意図があるのでしょう。


莫妄想(まくもうぞう)、つまり「妄想すること莫(なか)れ」です。don't 妄想。

こちらのページに詳しい説明があります。

もう一方の言葉も出典があります。

こちらのページにその一文が確認できますが、意味や説明は書いておりません。


この2つの言葉を並べてみるだけで、様々な思考が頭を巡ります。

  • 妄想してはいけないってどういうことだろう?
  • そもそも妄想ってなんだろう?
  • ということを考えてること自体妄想じゃなかろうか?
  • 理屈の種とはどういうものだろう? 妄想と同じなのか、違うのか?
  • そもそもなぜ、この2つの文章を並べたのだろう?


やはりこれが禅語の世界なのでしょうか。とても深いです。


もう一つ、面白いことがありました。

私や私の家族は、2つ目の言葉を「もっと馬鹿になれって言っているのだろう」程度にしか捉えていなかったのですが、私と大分歳の離れた従兄はこれを見て「なんか自分の心の中にある理屈っぽさを責められてる気がする」という感想を抱きました。

読む人によって、心に生じるものが異なる。これもまた、禅語の面白さなのでしょうか。