読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマ向けMacの不要なファイルを削除するためのコマンド

git や homebrew などに言及しているので「プログラマ向け」と書いてますが、別にプログラマじゃなくても人によっては有用と思います。

現在のドライブ使用量の確認

コマンドじゃないけど、グラフィカルに全体の使用量とその内訳をみたい場合はGrandPerspectiveというソフトが便利。

ドライブ全体
$ df -h
現在のディレクトリ以下の合計サイズ
$ du -sh
現在のパス以下の全ディレクトリを容量順にソート

ファイル数が多いとそこそこ時間がかかる。

$ du | sort -n
現在のディレクトリの全ファイルを容量順にソート
$ ls -lShr

ファイルの圧縮

現在のディレクトリの全ログファイルを gzip 圧縮
$ for file in `ls *.log*`; do 
gzip -c ${file} > ${file}.gz
done

キャッシュや古いファイルなどの削除

※実行は自己責任で。

Mavenリポジトリを削除
$ rm -rf ~/.m2/repository
Git の不要なオブジェクトを削除
$ git gc
homebrew でインストールしたファイルの古いバージョンを削除
$ brew cleanup

brew cleanup -n で dry-run 実行できるので、まずはこちらを実行した方がいい。
パッケージを最新版にしていないと cleanup できないので、普通は brew doctor → brew update → brew upgrade → brew cleanup とする流れになる。
全部のパッケージを一斉にアップデートして古いバージョンを削除するのはリスクがあるので十分注意すること。
慎重に実行するのであれば brew <コマンド> <パッケージ名> などで一つづつ作業していった方がいい。

最終手段