読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kosaki さん向け:世界樹の迷宮が面白い理由

kosaki さんが私のブログの世界樹日記を見て購入を検討されているようなので、
kosakiさんだけのために世界樹の迷宮の面白さを語りたいと思います。


まず、誠に勝手ながら kosaki さんのブログの過去記事から
kosaki さんのゲームに対する志向を分析させていただきました。
(不快でしたら仰ってください。削除します)

  • 相当なベテランゲーマー。
  • 据え置きゲーム機でのプレイは最近はあまりしていない。携帯ゲーム志向。
  • RPGが好きだが、シナリオ重視ではなくゲーム自体を重視。
  • 多分 Wiz とかローグライクとか、ガチ系RPGが好き。
  • おそらくTRPG経験者か、もし未経験でも誘ったらはまりそう。
  • 好きなジャンルはRPGやシミュレーション系。おそらく今はSTG、アクション、ギャルゲー等はあまりしない。昔は知らない。


ここから、kosaki さんに向けた世界樹の迷宮の売り込みをさせていただきます。

  • DSで遊べる、つまりどこでも持ち歩けて時間の空いたときにいつでもできる。
  • DSの手書き機能でマッピングできるWiz (万一Wizを知らない場合は、「比較的難易度高めなRPG」と読み替えてください)
  • 事前情報の入手(つまりネタバレ)をしない限り、比較的高難易度の3DRPGが楽しめる。(FFとかDQとか、「売れてる」RPGと同じノリでプレイすると、そう時間のかからないうちに(周りの人が)愉快になります)
  • シナリオはあるが、メインは未踏のダンジョンを一介の冒険者パーティが踏破するという、ただそれだけのゲーム。つまりややこしいストーリーに頭を悩ませる必要なく、ダンジョン攻略に没頭できる。
  • とはいえ、決してストーリーがどうでもいいレベルというわけではない。至れりつくせりのストーリー展開でない、というだけで、むしろ一部のプレイヤーとしては様々な想像(妄想?)を膨らませられるという点がグッド。


……もうご購入を決定されているようですが、いかがでしょうか?
少しでも参考になりましたら幸いです。

一応今からプレイする方への注意点として、三点だけ。


さて、最後はお決まりの言葉で締めくくるとしましょう。


「君はこの記事の内容を元に世界樹の迷宮の購入を決定してもいいし、無視してそのまま別のゲームをプレイすることもできる。」


おまけ:世界樹がなぜ面白いかについて一人ブレストしたマインドマップ


一人でブレストしてて気づいたのが、

「帰りの電車の中でプレイできる」
「寝る前に布団で横たわりながら眠くなるまでプレイできる」

という要素がすごく大きかったということ。

ていうか、他にやる時間ないんですよね。

仕事中はもちろん(当たり前)、自宅ではブログ書いたり調べものしたりで忙しいし。

(行きの電車は本読んでる)

……まあ、とはいえ、帰りの電車の中でいい年こいたサラリーマンが横並びでDSだのPSPだの出してゲームに夢中になってる姿って外から見るとほんと滑稽なんですけどね^^;